授業計画

下記の項目をクリックすると内容が閲覧できます。

医療コミュニケーション科

中国語専門科

中国語速成科

成績評価

成績評価規定

授業科目の成績評価は、学年末において、各学期末に行う試験、実習の成果、履修状況等を総合的に勘案して行う。ただし、出席時数が授業時数の3分の2に達しないものは、その科目について評価を受けることができない。

成績評価において、GPA等の客観的な指標を設定し、公表するとともに、成績の分布状況の把握をはじめ、適切に実施していること。
(客観的な指標の設定・公表及び成績評価の適切な実施に係る取組の概要)

本校は、テスト以外に出席や提出物積極的に検定試験にチャレンジしている学生には、客観的且つ適切な評価を下記の通り実施している。

90~100点は 「秀」
80~ 89点は 「優」
70~ 79点は 「良」
55~ 69点は 「可」
0~ 54点は 「不可」

GPAの数値の分布状況

卒業の認定に関する方針

第20条 第10条に定める授業科目の成績評価に基づいて、校長は課程修了の認定を行う。
2 所定の終業年限以上在学し、課程を修了したと認めた者には、卒業証書(第1号様式)を授与する。
3 校長は、必要と認めた者に対して、次の証明書を交付するものとする。
(1) 卒業証明書(第2号様式)
(2) 在学証明書(第3号様式)
(3) 単位修得及び学業成績証明書(第4号様式)
4 在籍年数上限は、修業年限の2倍までとする。